パラオ ハネムーンストーリー
~リゾート編~

  • パラオイメージ
  • パラオイメージ
世界遺産に登録されてまだ間もないパラオ共和国。
パラオに足を運んで頂いた方は100人が100人うなずいてくれることでしょう。
神秘的で、誰も見たことのない、綺麗な海が広がっています。

ダイバーの聖地となっているパラオですが、実はダイビング以外にもパラオの大自然を楽しめるアクティビティーが沢山なんです。
シュノーケルやシーカヤック、たくさんのくらげが生息するジェリーフィッシュレイクや、美白効果たっぷりの泥が沈殿するミルキーウェイなどロックアイランドには魅力的なアクティビティや見所が盛り沢山です。
そのほかにもジャングルをトレッキング、時にはエステやスパで心と体をリフレッシュ…是非一度パラオを訪れてみてください♪
パラオの緑と海に囲まれて最高のリゾートライフをお楽しみいただけるはずですよー!

パラオでの楽しみ方は?

パラオイメージ

たくさんの島々からなるパラオでの観光には、オプショナルツアーへの参加が一般的です。
特にパラオの象徴ともいえるロックアイランドの観光は各ポイント間をボートで移動するため、オプショナルツアーへの参加以外に観光の方法はありません。
パラオの大自然を熟知したツアーガイドと一緒に名所を回ればより一層パラオの魅力を味わうことができ、素敵な思い出を作ることができますよ。
ロックアイランド以外の観光も、時間を有効活用するためにもオプショナルツアーへの参加がお勧めです。
パラオの海やジャングルなどの大自然を満喫できるツアーはもちろん、パラオの歴史を学ぶことができる探索ツアーや、ディナークルーズまでのパラオで一押しのオプショナルツアーをご紹介いたします!

パラオイメージ

ジェリーフィッシュレイク

タコクラゲ、ミズクラゲなどの無数のクラゲが生息する不思議な場所(海)になります。
四方八方がクラゲだらけで、とても幻想的な世界を楽しめます。
クラゲというと毒があり刺されると怖いイメージがありますが、ここに生息するクラゲは弱毒性なので心配ご無用なんです!
脆弱な生き物なので、優しく触れ合ってみてください。

パラオイメージ

ミルキーウェイ

場所によって様々な色を持つパラオの海の中でも一際変わった色を持つのが、ミルキーウェイと呼ばれるマリンレイクになります。
海底に沈殿する石灰質の泥が独特な乳白色を帯びた青色を生み出しています。
この海底の泥は絶大な美白・保湿効果があると言われ、近畿大学の研究により通常の化粧水の1000倍効果がある事もわかっています。
この泥を使ったミルキーウェイパックはパラオのスパでも大人気なものなんです!

パラオイメージ

ロングビーチ(ロックアイランド)

オモカン島の南側に位置するビーチを指します。
潮が引くとまるで海の上に1本の道のように、向かいのおじさんアイランドの方へ延びていきます。
海を二つに分かつビーチはなんとも神秘的な光景♪
島内には小屋やトイレも設置されているので、バーベキューやピクニックだって楽しめちゃいます!

パラオイメージ

ドルフィンズ・パシフィック

イルカの研究・調査を目的として設立された世界一の非営利企業になります。
一般観光客でも参加できるアクティビティだってもちろん開催されています。
イルカの生態を学び、直接触れることもできる「クロースエンカウンター」を始め、イルカと一緒に素潜りやダイビング(要ダイビングライセンス)を楽しむことができます。

©パラオ政府観光局


pagetop

パラオでどこに泊まろう?

世界中のダイバーが集まることで有名なパラオですが、パラオガイドではダイバーの方はもちろん、ダイビングをしない方でもパラオでのご滞在を十分にお楽しみ頂けるお勧めリゾートをご紹介させていただきます。
リゾートごとに異なった魅力や特色をご紹介しておりますので、各リゾートの情報をご覧頂き、ご自身のご旅行スタイルにあったご滞在先リゾートをお選びください♪

パラオイメージ

パラオパシフィックリゾート

10年連続リゾートにも選ばれている言わずと知れたパラオの5つ星リゾートになります。
スパやダイビングショップなどの敷地内施設も充実。
パラオでのご滞在を最大限に満喫できること間違い無しのリゾートホテルです。

パラオイメージ

パラオロイヤルリゾート

2005年にオープンした、日航系の高級リゾートホテルです。
マラカル島の東海岸に広大な敷地内には、海水を引き入れたプライベートビーチもあります。
客室内アメニティや施設内設備も充実しており、快適なリゾートライフを過ごせます。

パラオイメージ

パラオプランテーションリゾート

周囲をジャングルとタロイモ畑に囲まれ、マングローブの森の先にはロックアイランドが連なる海が臨めます。 パラオの大自然に溶け込んだ隠れ家リゾートになります。 インテリアやベッドメイキングにもこだわりを持つ女性人気が高いネイチャーリゾートです。

©パラオ政府観光局


pagetop

基本情報

パラオイメージ

日本から南に約3000km。そこには大小300余りもの島々が点在しています。
それらの島々こそ、「ロックアイランド」と呼ばれるパラオ共和国の象徴です。
通説によればパラオの海には700種以上の魚類、2000種以上のサンゴが生息していると言われています。
そんなパラオには大物や数え切れないほどの魚群を求め、世界中から多くのダイバーが訪れます。
シーズン パラオは海洋性熱帯気候で高温多湿な国になります。
年間平均気温は27.7℃で一年を通じてほぼ一定しています。
一般的に11月~4月を乾季、5月~10月を雨季と分けます。
しかしながら、リピーターは時期関係なく1年を通じて訪れます。
平均予算 150,000円
平均滞在数 5日間
ダイビング パラオにはおよそ50箇所ほどのダイビングポイントがあり、世界有数のダイビングパラダイスとして知られています。
ノンダイバーの方も気楽に体験ダイビングに挑戦できます♪
スパ 大自然に囲まれたパラオのスパ施設でのんびりと旅の疲れを癒してはいかがでしょうか。
特にミルキーウェイでとれるホワイトクレイを主成分としたパックはパラオならではのメニュー。美白効果抜群だとか!
レストラン コロール島メインストリート沿いにはロコも通うレストランがたくさん!
また、各リゾートホテル内のレストランも現地在住の日本人や旅行者に大人気です。
パラオならではの食材を使ったパラワン料理から日本料理、韓国料理や中国料理まで…お気に入りのレストランを見つけてみては!?
お土産 パラオのお土産はリゾートホテル内のギフトショップや免税店、またコロール島中心地にあるWCTCショッピングセンターなどで購入可能。
お気に入りのTシャツやアクセサリー、パラオ名産のノニジュースやクレイパック、手作りクッキーなどが手に入ります。

©パラオ政府観光局


pagetop

pagetop